トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    ネット上で手持ちの車の無料一括査定をしたいけれど、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    査定スタッフに車を見積もってもらう際や、車を実際に売るときには、個人情報を公開しなければなりません。

    車の買取会社は古物営業法に則り、買取をした相手の住所や名前などの個人情報をしっかりと記録しておく義務があるからです。

    買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な何枚かの証書が必要になるでしょう。

    近頃、転居や結婚などの身辺変化があって姓や住所が違って、車検証や印鑑証明の記載内容と違ってしまっている場合には追加の書類が何枚か必要になってくるので、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。

    どんな分野の売却においても同様でしょうが、毎日売却の査定額は変わっていきます。

    オープンカーは夏場に相場が上昇するなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などが限定されてしまうこともあるのです。

    しかしながら、どのような車の種類にも同様のことが言えるのですが、大概初年度登録から経過した日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    車の売却が現実的になったのならば少しでも早く行動に移した方がおそらく高値で取り引きできるでしょう。

    査定士に買取対象となる車を直接見てもらうなら、店舗まで車を持っていく以外に、家などに出張して査定してもらうといった選択肢もあります。

    買取を行っている店舗の多くは出張査定は無料としています。

    ですから同じ日に何社かに来てもらい、競合見積りさせることも可能です。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、査定額が全体的に高くなる傾向があります。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。

    それに、売却後に業者のほうで業界値段で仕入れたタイヤに交換してしまうことも一般的ですから、交換した甲斐がありません。

    タイヤは交換が容易な消耗品ですから、車全体の査定額に及ぼすマイナスはあっても極めて少ないです。

    手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。

    ある程度を超えて走行した車というものは、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして10万を超えると過走行車となり、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    ただ、車が全く売れないということではないので安心してください。

    そういった車を専門に扱う業者であれば、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、買い取ってくれます。

    中古車買取店に車を売るために複数の会社に一括して査定を申し込めるサイトなどを利用した場合、現物を見せてくださいという内容の電話が殺到し、対応に困ることも少なくありません。

    そういう事態はなるべく避けたいというのであれば、電話連絡なしでメールのみの設定ができるところに最初から絞ることです。

    すべての中古車屋がそうだというわけではありませんが、勤務中でも夜でも一切無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、登録したメールアドレスあての連絡以外を受け付けないようにすると、不要なストレスを回避できます。

    乗っている車を手放そうとする際には、もしも故障している場所があるのならば自動車査定士に告げるようにしてください。

    故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、事前に修理したからといってかえって得にならないことがほとんどなのです。

    買取成立の後でお店が故障箇所を直すのにかける金額と個人が修理するために出す費用では、前者の方がグッと安くて済むのです。

    こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、プラス査定になることが多いです。

    さらに、定番カラーであるシルバーはボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

    反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    流行のボディカラーだとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでには車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。