トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、中古車の見積もりにかかる時間は実質10分少々です。

    さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階での中古車のオークションの相場などを基本として基礎になる査定額が事前に決定されていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、これらに応じた加算や減算をすることによって簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。

    原則的に、車査定において絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、ある一定以上の経験や技能があるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    中古車売買の金額をアップさせるために買取業者と金額交渉の際に肝心なのは、自分から安易に具体的な金額を言ってしまわないことですね。

    交渉前に査定相場をチェックしているのなら構いませんが、そうでないのならば自分から現実の相場価格よりも低い価格を口にする可能性があるので、このようなときには絶対損をします。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。

    車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、ネットで自動車保険各社から一括見積もりがとれるサイトというのも増えています。

    生命保険などと違い、自動車保険はいわゆる掛け捨てタイプの保険であるため、好条件を提示している他社があるのなら移ったほうが断然トクということになります。

    自動車保険一括見積りサイトの運営費は協賛各社から出ているため、利用料、登録料などを請求されることは一切ありません。

    たった一度の入力で複数の保険会社の掛金や保障内容を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、いわゆる過走行車という扱いになり、一般の中古買取店などで査定してもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    値段がつかないという点では、事故車も同様です。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしてはこれからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと実車査定に応じてくれるものです。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、査定には有利であるという話も聞かれます。

    しかし、実際にはそれほどの違いはありません。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    自動車を所有しているということは、使用していなくても維持費がかかってきます。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、別途駐車場代もかかってくるのです。

    所有する車を売却するかしないか考えている場合には、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうかじっくりと考えてみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。

    愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    業者によっては大々的に「即金対応できます」と宣伝していないところもありますが、売却金を即金でもらいたいと相談すれば実現する場合もあるでしょう。

    しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、足元を見られる結果となり、低めの査定額を出されるかも知れません。

    即金対応を重要視するのか少しでも高く売るか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、幾らかでも高く査定してもらいたいならばすぐに現金で持ち帰ることばかりこだわるのは良くありません。

    自動車税というものは、車の所有車に対して一年分の請求が来ます。

    そして毎年4月1日の時点での所有車に対してかかってきます。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りを加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。