トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    大抵の中古車買取業者においては、見積もりに要する時間は待っているロスタイムを除いておおよそ15分弱でしょうか。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとの中古車のオークションの相場などを基本として基礎となっている中古車の査定額が定められていて、ここから各部位の状態、および走行距離などを目で確かめて、中古車の状態による査定のアップダウンをすることで、簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。

    中古車売買の金額をアップさせるために車の買取専門業者と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、自分から安易に希望の査定額を言わないことです。

    交渉前に査定相場をチェックしているのなら構いませんが、確認してないのならば自分で相場よりも低めの価格を提示してしまうかもしれませんので、そのような場合は損するのは目に見えていますね。

    査定金額の価格交渉を営業マンと行うつもりならば、前もってしっかり相場価格を把握しておく必要があるでしょうね。

    インターネットを介して何時でも何処でも楽に自分の中古車の価格を査定できるのが一括査定サイトを利用することの長所と言えますね。

    車種や連絡先などの情報を入力するとすぐに多くの買取業者からの見積もりがもらえて、これから売ろうとしている車の現時点での相場を知ることができるのです。

    名前などの個人情報を極力知られたくない方は、無記名で利用できるサイトもあるようです。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも訪問査定をしてくれます。

    昼間の査定と比較すると夜のほうが車のキズやヘコミが見えずに済むので、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    一括査定サイトを使って中古車の売却をするように、複数の保険会社に一括して見積もりを依頼するサイトがあるのはご存知でしょうか。

    普通の生命保険とは異なり車の保険というのは戻ってくるお金が満期時にも解約時にもない掛け捨て保険です。

    したがって、よその会社の方が掛金が安かったり条件が良ければ、早々に乗り換えてしまうほうがユーザーには利があるということになるわけです。

    その他の一括査定サイトと同様、原則としてユーザー側に利用料などが課金されることはなく、手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、全損はおおまかにふたつに分けられます。

    ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、その時々の市場相場に基づいています。

    自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに市場の相場を把握しています。

    実際の価格と違うように感じたら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    それとは逆に、これら以外の色では、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    いくら査定したときに流行の色だったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、型式が古い自動車の場合には一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    車売却の際にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。

    愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査定項目の中に入っているため、減っていれば減点されてしまいます。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、タイヤを履き替える必要はないのです。

    しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、あらかじめ通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、査定時に減点されてしまう可能性が高いのです。