トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    程度問題というところもありますが、タバコの臭いが車内にこもっているときには中古車査定時に減額される事になるでしょう。

    喫煙の形跡がある車というものは、中古車を禁煙車として買おうと思っている方には売ることは至難の業だからです。

    これらのたばこ臭さの元凶になっているのは、車中のどこかに付いているヤニ汚れです。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、少なからずタバコの臭いを消すことが可能になるでしょう。

    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、値段がつかない場合も出てきます。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、事故を起こしてかなりの部分修復した車などの場合は査定額が出ないことがあるのです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしても同様に査定額がつかないケースでも、廃車を専門とする買取業者に引き取りを依頼する事もできますから、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    一社や二社ではなくて複数の中古車買取店舗に買取査定を依頼してから売る店を絞り込んでいくのが、できるだけ高値で車を売る秘訣と言えますね。

    同じ時に多数の店舗のスタッフに来てもらい、皆で価格競争をするように仕向けるのも自分にとって有利になる手段です。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、特に心配する必要などないのです。

    それから話は変わりますが、いざ契約となった時には取り交わす契約書の全文を熟読することも必要です。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、よく過走行車と言われ、売却見積もりを依頼してもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    値段がつかないという点では、事故車も同様です。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、多(過)走行車や事故車を専門に扱う買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側は「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    所有者が絶対に中古車査定の際には同席しなければいけないといったルールこそないものの、やはり車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を未然に防ぐためにも、可能なかぎり所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには所有者がいなければわかるまいとこっそりキズをつけて安く買い叩く業者もいるそうです。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで金額を競わせ、査定価格の底上げを図ることもできます。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は競合する相手がいませんから競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    実査定に出して提示された中古車の査定額というものは、ずっとそのままの値段で取り引きしてくれるのとは違います。

    日々変動しているのが中古車相場ですから、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。

    売却予定車の査定金額を見せられたときに売ることを躊躇してしまうような場合は提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までかしっかりと確認しておかなければいけません。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、保証期間はさほど長くはできないのが一般的ですから無理は押しつけないようにしましょう。

    仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、曖昧になりやすいのが車の支払いに関することなどです。

    愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

    どんなに親しい間柄だったとしても、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、大切な項目だけでもきちんと書面にしたためるべきです。

    きちんと念書を作るのを嫌がる人では、後からいざこざが起きても仕方がないため、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    但し、自動車税ではなく自動車重量税については、廃車にする場合を除くと手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    そうは言っても、税金の支払い月数が残っている分だけ上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。

    自動車重量税については査定士と要相談ということですね。