トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    売却予定の中古車の査定額が低下する主となる要因には何点かあるのですが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、事故歴や故障歴があって修理したことのある車です。

    ものによっては査定金額が付かないところまで低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。

    でも、故障および事故で修理したことがあると必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    中古車売買の金額をアップさせるために車の買取店と金額交渉の際に肝心なのは、自分から安易に希望の査定額を言わないことです。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、そうでないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、そのような場合は損するのは目に見えていますね。

    査定金額の価格交渉を営業マンと行うつもりならば、交渉前に充分に下調べしてから行かないとみすみす損をしますよ。

    中古車の売却を考えたならば、まずはじめにしなければいけないことは、売却予定の車のおよその査定金額相場を把握することでしょう。

    今の査定相場金額を知ることで異様に安く買い取りされる危険性をグッと低下させることができますし、前もって調べた買取相場よりも高く査定してくれたお店に直ぐにそこで契約まで進んでも構わないでしょう。

    オンラインで沢山の業者に中古車一括査定を申し込めるところがあるので、これらのサイトから相場金額を把握することは容易いでしょう。

    年度末で商戦華やかな3月と、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    どの中古屋でもできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    売却を漠然と考えているのであれば、9月というのはまさに売り時です。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は低調ですので避けた方が無難です。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということで査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

    仮に当事者同士で話し合っても自動車保険会社は支払い対象外とすることがほとんどだと思います。

    裁判を起こすことも考慮しつつ、弁護士と協議したほうがいいでしょう。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車業界では減点査定の対象となります。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    ただ、車が全く売れないというものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、買い取ってくれます。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、ある条件を満たしていれば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    更に、保険金の還付があったとしてもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    自分自身が自賠責保険会社に対して手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も要件さえ整えば売却できます。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    ただ、所有者が故人のときは、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、売るのは簡単なことではありません。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、個人間の取り引きの方が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、決済は一回払いのみで対応すれば余計な心配をする必要がないでしょう。