トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    どんな場所にいても時間を選ばずにネットを使って直ぐに自分の中古車の価格を査定できるのが中古車一括査定サイトのメリットの一つですね。

    連絡先や査定したい車の情報を記載すれば一瞬で査定価格が複数の業者から寄せられて、現段階での売ろうとする車の査定相場を知ることができるのです。

    自分の名前などを記載したくない場合には、特に名前を書く必要のないサイトを使うと便利ですね。

    たいていの場合、中古車販売店の大手では、いろいろなキャンペーンをいつも行っていますね。

    これらの多くは車売却の際にプレゼントされるのが普通でしょうが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施すると一定のポイントが貰えるなどです。

    ただで査定をしてポイントを貰い、実際には売却しなくても構わないため、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したらぜひ査定してみるとお得ですね。

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大別すると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、走行距離数がどのくらいであるかや、外装にキズがあるかどうか、車内の臭いや内装の状態確認、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

    今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、査定アップする場合としては、たとえば最新式のオーディオやカーナビなどが付いている場合です。

    今現在の相場価格を考慮して以上の結果を総合して、最終的な査定金額が表示されるのです。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    しかし「多くの業者」と言っても具体的な数となると、10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。

    わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、普段は知らない中古車の相場を知ることと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    これらの点を踏まえれば、2、3社でも十数社でも結果的には問題がないということです。

    中古車屋に車で行って当日中に査定してもらいたい時は、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。

    ただ、飛び込み査定のときは他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    従って市場相場を下回る値段で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、良い値段がつきます。

    車を買い取る前に行われる査定では、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、マイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、逆に減点の度合いが大きくなってしまうパターンも少なくありません。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    丁寧に清掃する方が良いわけは2種類あります。

    一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。

    もう一点は、内部に染みついた臭いを軽くする事ができるからです。

    タバコの臭いやペット臭が残っていると、その具合によっても異なりますが、大きく減額されると思ってよいでしょう。

    車内に残っている汚れが臭いの元凶ですから、細かな部分まで清掃することで出来るだけ臭いのない車内にすることができるのですね。

    ローンの返済が残っている状態であろうと、買取業者に売却することは可能です。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じである場合に限られます。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、残りの債務を返済しつくすまでは所有者名を変更することはできません。

    要するに、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    但し、ローン会社から承認を取り付ければ、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。

    大変重要なことなのですが、契約書の文章をよく読んで内容を充分に理解することは、車関連の話に限定されることなく売り買いをするうえでの重要項目です。

    署名して印鑑を押した以上、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。

    記載された中古車の状態は適切か、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、丁寧に一つ一つ確認していくことが必要でしょう。

    疑問点が生じたら遠慮せずに営業マンなどに質問して細かなことでも解決するクセを付けると良いかも知れません。