トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、やはり簡易的なもので見積もった金額です。

    たとえ全く同じ車種で年式も同じだとしても、個々の車によりボディや内装の状態などは異なりますから、具体的な実際の査定金額は中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、自分で覚えておく必要があるでしょう。

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検が残り1年以下の場合には車検までの期間に応じて査定金額が変動したりすることはありません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売却する前に車検を通したとしても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に足されて得することは無いのですから、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    最近のことですが、中古自動車販売の最大手で通常のユーザー向けの中古車査定アプリを発表しているのです。

    しかし、査定支援アプリの業務用バージョンもあるのです。

    たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でもこれを使うことによって中古車査定がたやすく出来るようになります。

    業務用の査定支援アプリと専用機器を一緒に使うと、査定しようとしている車の過去において修理したことがあったかどうかがすぐに分かってしまうことが多いというのですから優秀なアプリですね。

    車の現物を見て査定してもらう時は、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、業者に訪問査定に来てもらうといった選択肢もあります。

    中古車買取業者のほとんどが無料の訪問査定サービスを提供しています。

    この時に幾つかの業者に一度に来てもらっていわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

    複数の会社でたった一件の契約を取り合うため、高値で売却できるメリットがあります。

    本来のホイールから他メーカーのものに交換している時は、業者による査定が行われる以前に、できれば純正品に戻しておきたいものです。

    中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていはメーカー純正品だと査定に加点がつくことが多いです。

    屋外環境は素材の劣化を招くので屋外保管ならカバーをかけて時々状態をチェックし、可能なら室内保管が一番手間がありません。

    程度の良い別メーカー製ホイールはフリマアプリなどで高値売却できる場合も多く臨時収入も期待できます。

    査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、状態やニーズ次第です。

    付加価値の高い人気パーツならば評価も多少加点してもらえる可能性があります。

    しかし肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。

    趣味に走りすぎたものや使用用途が限定されたものも市場ニーズが見いだせないため、買い取って販売することを目的とする業者としては、迷わず減点対象にするはずです。

    ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。

    自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    オークションに出そうとするときには、車の外装や内装の状態写真や説明をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

    さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。

    また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。

    「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、車関連の話に限定されることなくどんな売買をするときにもとても大切な事柄です。

    サインと捺印をすれば、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    書かれている車の状態は間違っていないか、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずに担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。

    近年市販されている車は買った当初からカーナビが付いているものが多数派となってきました。

    カーナビがはじめから付いていることが多くなったために、カーナビがあってもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば査定額アップが望めるでしょう。

    高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、買い取りに出す前に外してしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。