トップページ > 北海道

    このページでは北海道で商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取相場をチェックして高く買い取ってくれる北海道の買取業者に売却したい」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高額買取してもらうために必要なことは「北海道にある複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定サービスなら入力も2~3分で終わるのでカンタンです。北海道にある何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、商用車の買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    しかも、北海道でも対応していて無料です。

    「商用車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている商用車の買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちの商用車でも北海道で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、北海道に対応しているいくつかの会社に査定してもらうことで長年乗った商用車でも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた商用車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、北海道に対応している複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用した商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用した商用車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、北海道にある最大10社が商用車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    インターネット上には複数の業者に中古車を一括査定できるサイトがあります。

    そして、その中には、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    結果を連絡してもらうために電話やメールは記載しなければなりませんが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

    さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

    それは、製造メーカーのサイトで車種等の情報をフォーマットに入力すれば、現在の参考相場が分かる場合があります。

    しかしながら、出てきた金額はアバウトすぎる傾向がありますから、大して参考になったという意見はないですね。

    中古車に限らず、インターネットでは下取りに出したい車の査定金額をまとまって何社にも査定を依頼可能な、中古車の一括査定サイトが山のようにあるのですよ。

    見積もりをしてもらったら売るべきであると決まっているわけではありません。

    そのうえ、たくさんの会社に行く時間が取れない人にも有効です。

    利点が多いとはいえ、お店によっては売却を勧める電話が何回もかかってくる可能性もあるので、直接電話されるのが嫌だと思う人は、業者との連絡はメールで大丈夫な一括サイトを選択すると面倒はないでしょう。

    売却希望の車を見積もりする場合には、例えば、カーナビなどの付属品があると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    但し、古い車種でなければカーナビが付いていない方が珍しいので、比較的新型のカーナビでないと見積金額が大幅にプラスになるとは考えにくいのです。

    さらに、同様の理由で車にカーナビがついていない状態では査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    走行距離数が一定以上の車というのは、中古車業界では減点査定の対象となります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    しかしまったく売却不能というわけではなく、まだ道は残されています。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと部分ごとに細かく査定してきちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    車を売却して業者から代金が支払われるのは、その車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、実印がなかったり必要書類が不足していれば本契約したことにはなりません。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、業者による査定の前に、納税証明や印鑑証明などの書類を準備しておくことが大事です。

    提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    車の買取を行っている店舗に車を持って行って直接査定してもらおうと思っているなら、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、飛び込みOKというところが多いです。

    けれどもこうした場合は比較対象となる他社見積りもなければ、提示された価格を「安い」「高い」と判定する基準もありません。

    結果的に市場価値より安値で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    出張査定で複数の業者に来てもらう方が相場もわかり、良い値段がつきます。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に車検を通してから車を売却する必要はあまりないと言って良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    個人所有の自動車であり、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明点は確定申告のときに申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。

    現実の査定に出して示された金額は、ずっと有効なわけではないのです。

    常に変化しているのが中古車の価格相場なので、査定額には一定期間の保証を付けている買取会社がほとんどです。

    見積もり金額を表示されたときに売ることを躊躇してしまうような場合は査定額通りの値段で買い取って貰えるのはいつまでなのか必ず聞いておくようにしてください。

    査定金額の補償期間については交渉次第のところもありますが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。