トップページ > 新潟県

    このページでは新潟県で商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取相場をチェックして高く買い取ってくれる新潟県の買取業者に売却したい」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高額買取してもらうために必要なことは「新潟県にある複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定サービスなら入力も2~3分で終わるのでカンタンです。新潟県にある何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、商用車の買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    しかも、新潟県でも対応していて無料です。

    「商用車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている商用車の買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちの商用車でも新潟県で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、新潟県に対応しているいくつかの会社に査定してもらうことで長年乗った商用車でも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた商用車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、新潟県に対応している複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用した商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用した商用車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、新潟県にある最大10社が商用車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に導いた金額になっています。

    同じ車種の同じようなグレードでもその車ごとにボディや内装の状態などは異なりますから、一台一台の具体的な見積額というのはその中古車を目前でチェックしなければ分からないのです。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、気を付ける必要があるでしょう。

    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、業者によっても違ってくるかもしれませんが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、車検を実施して直ぐに売却をしても通した車検費用より多くの金額が見積金額に上乗せされて得をすることはないので、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    買取希望の中古車の見積額が低下してしまう主な原因は何点か挙げられますが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、その車に修理歴があることです。

    場合により見積金額が0にまで下がってしまう時もあるのです。

    でも、故障および事故で修理したことがあると必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    新車の価格は変わりませんが中古車の場合は市場価値がどんどん変化していきます。

    したがって中古車を査定する際に業者が提示した価格にも必ず期限が設けられ、それ以降は無効となります。

    ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、査定金額を出してもらった時点で有効期限の具体的な日にちをあらかじめ確認しておくべきです。

    有効期限の設定は、長いところで2週間が設定されていると思いますが、相場の変動が大きい繁忙期の査定では、さらに短くなることがほとんどです。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、いわゆる過走行車という扱いになり、業者に査定に来てもらったところで、値段がつけられないなどというケースも多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている会社に最初から依頼した方が良いです。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側は先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。

    ただ、複数といっても何社位を指すのかというと市場動向や決算などさまざまな要因で変わってくるので何とも言えません。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。

    本来の目的さえ満たすものなら、どれだけ多くの会社に依頼しようと問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、車を個人同士で売買する方が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが名義変更関連と支払い関連なのです。

    車の名義変更に関しては、両方が話し合って決めた日までに必ず行ってもらうことを念書にしたためるようにして下さい。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとしてそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。

    中古車を売ろうとするときには、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    申告は必要ですが、査定する前に修理しておくことはお勧めできません。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、事前に修理したからといってむしろ損してしまうことの方が多いのです。

    中古車買取店が故障した箇所を修理に出すときにかかるお金と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、個人で修理に出す方が俄然お金がかかります。

    このようなわけで、査定額に上乗せされる金額では事前修理代金がまかなえないのですね。

    自動車を所有しているということは、使用していなくても維持費がかかってきます。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    更にいうと、駐車場付きの持ち家でなければ、駐車場の料金もかかってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、結構大きな維持費用を支払っても所有しなければいけないのかじっくり検討してみると、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。